AiRE DESIGN STUDIO

<   2006年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

「卒、」会議&ディズニーランド

昨日「卒、」中期最後の会議が終わった。

メンバーは関西、信州からも来てくれ、30人以上の会議になった。

朝から夜までつづく会議、もちろんとてもハードなんだけど、一人一人の顔がとっても真剣で、少しでもいいものを作ろうと、議論を重ねていく。

後輩の頑張りもすごい。正直頭が下がります。

そんなマジになれる仲間が一緒にいて、嬉しい。誇れる仲間だ。

議論はみんなが納得できるまで続くことが多いから遠回りなこともあるんだけど、確実に、その遠回りがいいものを生んでる。

そして今日は「卒、」のみんなと東京ツアー&ディズニーランド♪

中期が終わった開放感も重なって、心から楽しめた。

来週の京都旅行も楽しみだな☆
[PR]
by goro0124 | 2006-11-26 23:41

法事

今日父親の17回忌があった。

父親が亡くなってから17年の月日が経ったと思うと時間の流れの早さに気づく。

こんな一見すると重い内容をブログに書けるのも、自分の中で父親の死を客観的事実として捉えることができるようになったから。
過去に引きずられることなく、未来を見て歩けるようになったから。

高校に入る時に母親が再婚したとは言え、
数年前までは父親不在の事実に深い悲しみに陥ることもあった。

そういう意味では今の自分は成長したんだと思う。

久々に家族に会えた今日。しばらく会ってなかったっけ。
いつまでも変わらないものがあった。

もう家族の中で涙するものはいない。
みんな笑顔で、何気ない話でつかの間の再開を楽しんだ。


場所は離れていても、家族のつながりは大きなものだ。


今月は友人の結婚式にも参加した。そして今日の法事。

人は生まれ、出会い、やがて死ぬ。

それは大きなことなんだけど、人としてとても“自然”なことなんだと思う。
川の水が流れるように、おだやかに続いていくものなんだろう。


霊園のある秋の高尾は紅葉で綺麗に色づいていて、とても爽やかで、何気ないものの大切さに気づかせてくれた。


うちの兄貴は霊の存在を感じることができるんだけど、今日父親が“来ていた”らしい。

父親は笑顔で、「ありがとう」と言っていたって。
[PR]
by goro0124 | 2006-11-24 01:20 |

乗り越える壁

映画「シンドラーのリスト」を観た。

第二次世界大戦、ユダヤ人の大虐殺、通称“ホロコースト”。その最中で1200人のユダヤ人を開放したシンドラーの話。

歴史の重さ、民族問題の深さを知ることができる映画だった。
そして民族問題に対しての自分の知識の薄さも。

卒業設計で難民を扱おうとしている。

しかし、今の自分は彼らに対する情報がほとんどない。
ましてや彼らに接したこともない。

民族問題の表層しか考えれていない今の計画は弱い。


やりたい形がある、やりたいテーマがある、

しかしそれがずれているという矛盾。

自分は何を優先させたいのだろうか。
[PR]
by goro0124 | 2006-11-21 13:17 | 卒業設計

エスキス、振り出し

はい、かなりダメだしを受けました。

先生曰く、案は2回3回潰さないと良いものはできないとのことでした。

だからこそ挑戦しがいがあるというもの。

他者に見てもらうことで自分の気づかなかったことに気づける。



んーこの先どうなるものか?

自分が想像してなかったような作品の世界が開けそうで、
卒製がより楽しみになった。

とりあえず敷地の選定からやり直しです。
[PR]
by goro0124 | 2006-11-15 22:54 | 卒業設計

卒製の敷地

卒製の敷地をとりあえず決めてみる。

場所は新宿6丁目。新宿のど真ん中。約2万平米。

ここは再開発の予定地になっていて、今は更地の状態。

この場所に平屋建てのニート×難民村を設計していく予定。

村の低層と、街の高層が対比することになる。

低層にこだわるのは、公園のような街に対して開かれたものとするため。

高層化している街の中に低層建築が存在するゆえに、街の求心的な場所になればいい。

明日はエスキス。

果たしてなんと言われるか・・・・


c0097932_084386.jpg

[PR]
by goro0124 | 2006-11-15 00:15 | 卒業設計

空白の時間

今日は「卒、」の会議です。

場所取りもあり、午前中からスタンバイ。

会議準備も整い、あとはみんなが集まるのを待つのみ。

自分はとてもせっかちだから、何でも早め早めにやらないと落ち着かない。

今日も会議場所には早く来た。

そして生まれる、何もすることのない、空白の時間。

そんな何もない時間が好きだ。

この時間で何をしようか?

会議のことも考えられるし、
卒製のことも考えられるし、
読書もできる。

今日はどんな会議になるのかな?

会議前はいつもドキドキわくわくです。
[PR]
by goro0124 | 2006-11-11 11:50 | etc

卒論終わり、卒製へ

今日やっと卒論のプレゼンが終わった!

内容はともかくとして、やっと卒製のことを考えられるようになった。

まず卒製で考えなければならないこと、それはテーマだ。

テーマは漠然とニート×難民をやりたいと思っていたけど、ホントにそれで突っ走っていいのか?
ニートと難民、どちらも考えたいテーマだ。

どっちか一つに絞った方がリアリティはある。
でも、今まで見たことの無いものができる、そんな可能性を感じるのはニート×難民だ。

ニートと難民が共に住む村を設計する。


テーマをどうするか、ここが決められればゴールは見える。



写真は製図室での卒製マイブース。片隅には最近飲みだした「琉球もろみす」があります。これで健康もばっちりでしょう。c0097932_22534237.jpg
[PR]
by goro0124 | 2006-11-10 22:53 | 卒業設計