AiRE DESIGN STUDIO

<   2009年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

速度制限




20km/h。


たまにはそんな時間の流れに、身をまかせてみる。





c0097932_9533728.jpg

c0097932_954087.jpg
c0097932_9541783.jpg




―taku―
[PR]
by goro0124 | 2009-06-24 09:58 | etc

Monastery of Sant Pere de Rodes



休日。


車を走らせ、山の頂きにある修道院へ。



c0097932_93272.jpg

c0097932_93227100.jpg

c0097932_9324742.jpg




―taku―
[PR]
by goro0124 | 2009-06-18 09:36 | etc

vida de espana / スペインでの日々


スペインのOlot(バルセロナから北に2時間の場所)に着てから約2週間。
事務所での研修にも大分慣れてきた。

事務所での仕事や、共に生活する仲間たちのこと、諸々の日常生活など、あまりにも多くのことがありすぎて、何から書いていいかわからない。なので、ひとつひとつトピックにして記述。



□Despacho/事務所
RCR ARCHITECTES。ボスが3人いる若手の設計事務所。オロトの町を中心としながらも、国内外各地でプロジェクトが進んでいる。世界的にも知られている事務所なので、自分以外にも海外から多くの学生がインターンを受けに来ている。スタッフは学生を含めると20人ほど。


□Companelo/仲間
ヨーロッパ各地から10人ぐらいのインターン学生が来ていて、彼らと一緒に仕事をしている。インターナショナルな事務所なのでスペイン人の割合は少なめ。
スペインに来て(事務所に来て)、一番印象的なのは人々。スペイン人に限らず皆人懐っこく、年齢の隔たりも無いので、言葉がたどたどしい自分でもすんなりと打ち解けることができる。一度会えば皆ファミリーのような感覚。感情表現もストレートなのである意味接しやすい。



□Lengua/言葉
基本はすべてカスティージャ語(スペインの公用語)。事務所の位置的にはカタルーニャ地方なのでカタラン語を話せる人もいる。カスティージャ語とカタラン語は方言ぐらいの差だろうと思っていたら、似てはいるものの、まったく異なる言語。学生の国籍は様々なので、気づけばフランス語だったりポルトガル語だったりドイツ語が話されている。英語は皆話せるものの、ほとんど会話には挙がらない。

自分のスペイン語はまだまだだが、日に日にスペイン語が理解できるようになっているのが実感できる。教科書で読むのと、実際にその場に身を置くのとでは言語の理解度に天と地ほどの差があることを気づく。


□Trabajo/仕事
プロジェクトのビジュアルを表現したり、図面の作業などを行う。仕事は8:30~19:30までで、昼休みは家で自炊をしたり皆でレストランで昼食を食べる。残業はたまに。スペインの事務所の中では長時間仕事をする方らしい。


□Casa/アパート
他の学生とシェア。今はもう一人の日本人とスペイン人の学生との3人暮らし。先週まではポルトガル人の学生が2人いたので5人で賑やかな生活。実際に他の国の彼らと生活をしてみると、文化や生活習慣など、日本との様々な違いに気づく。


□Fiesta/遊び
スペインで一番重要なこと。遊びというより、もはや文化という方が相応しい。仕事が終われば誰か知らの家に皆で集まってお酒を飲んだり食事をしたり。金曜の夜にはクラブで踊るのが常で、土日には車で皆で海山川などなどに遊びに行く。先週はインターンを終える学生が多かったので、毎日のようにフィエスタ(夜会)が続いた。





c0097932_6593547.jpg

【オフィスの風景】

c0097932_765228.jpg

【アパートの風景。日本人のKOBAとポルトガル人のIVONE】



Hasta pronto.



-taku-
[PR]
by goro0124 | 2009-06-12 07:16 | etc